個々の突破力を強化する|ドリサル®|海外留学ページ

海外留学

ドリサル®海外留学とは

『自分の才能を海外で試す』留学です。

自分のボールタッチ・キープ力・突破力・得点力は海外の選手たちに十分に通用するか、

また自分のコミュニケーション力はどうだろう、すべてにおいて刺激的でチャレンジングな旅を提供します。

パスサッカー・ポゼッションサッカー・連携は、組織スポーツのサッカーではもちろん大事です。

けれど、どこまでいっても『結局自分!』、素の自分、今の自分を高みにもっていく旅に出かけましょう。

『君の突破力を海外で試してみよう!』

ドリサル®スタッフが感じた3つのこと

ボールキープ(球際)の強さ

身体が小さい選手、線の細い選手でも、海外の優秀な選手たちは力強いキープ力を発揮しています。

ゴールから考えているドリブル

どのポジションの選手でも、常にゴールから考えてシンプルにプレイしています。

そして、ゴール前では、必ず勝負してきます。

シュートの決定力

相手選手が目の前にいても、わずかな隙間、自分が打てると思ったタイミングでシュートを打ってきます。

そして、確実に枠に入れてきます。

これら3つは、ヨーロッパの優秀な選手に共通することです。

【シュートへのこだわり】

過去、海外遠征に行った際の一つの試合を例に挙げてみましょう。

相手は、イタリアの某セリエのチームです。

  • シュート数と結果(スコア)比較
日本チーム イタリアチーム
シュート数 20本 2本
結果 0 2 (日本チーム負け)

シュート数は、日本チームの方が上ですが、イタリアチームは2本中2本ゴールを決め、試合に勝利しました。

『シュートの決定力』が違う…

『自分で行ける力』は毎日のサッカーの楽しさになりますね。

ドリブル・キープが最強にうまい突破力のある選手を一緒に目指しましょう。

そう、ピッチのカリスマを目指そう!

「ドリサルR」でお待ちしています。

海外選手のメンタル

海外選手のメンタルとは何か。

それは、『絶対に負けたくない(負けられない)』という強い気持ちです。

海外の選手は、負けたら終わりという世界でサッカーをしています。

その中でプレーしているので、強い気持ちが日々養われています。

本当の意味で戦える選手だけが生き残れる世界でプレーしているので、プロを目指す選手たちは、

標準装備で戦える選手になっています。

そこでの、メンタルを肌で感じることができれば、必ず成長のきっかけにつながるでしょう。

過去の実績

ゴールアシストのセレクトプレイヤーに選出された例 K君(当時15歳)
ゴールアシストのセレクトプレイヤーに選出され、ACFフィオレンティーナと交渉して、練習参加。
本人の希望があれば入団OKと評価される。
ゴールアシスト 海外キャンプで選出された例 H君(12歳)
2014年夏、ゴールアシスト・ACFフィオレンティーナキャンプにて、ACFフィオレンティーナの
プリパヴェーラコーチのパオロ・リエイラ氏からMVPに選出される。その後、翌年の春にトライアウト参加。
遠征に参加した例 W君(14歳)
U14イタリア海外遠征(1か月)に参加。イタリアのヴィツェンツァから声がかかる。

<過去遠征での対戦チーム>

FCバルセロナ(バルセロナ) /ASローマ(イタリア)/ACミラン(イタリア)/

キエーボ(イタリア)/ヴィチェンツァ(イタリア)/ヘタフェ(スペイン)/アトレティコマドリード(スペイン)/

エスパニョール(スペイン)/サラゴサ(スペイン)/SSCナポリ(イタリア)/パレルモ(シチリア)etc…

お問い合わせ

『才能ある選手を才能に見合う場に連れていく』ことをコンセプトに、

留学希望選手を最高の旅にお連れします。

出発前から準備トレーニング・語学も含め強力にバックアップいたします。

留学に関するご質問は下記のお問い合わせフォームからお願いいたします。

留学の内容、留学費用など、お気軽にご相談ください。

〒107-0062 東京都港区南青山2-11-13南青山ビル4F